乾燥肌は年齢を問わず、多くの方が悩む肌トラブルだと思います。しかも乾燥を放っておくと肌のゴワツキや小ジワ、ニキビといった様々な肌トラブルを引き起こす恐れがあるので、早目に対策をすることが重要です。
 
そこで今日は、乾燥肌対策用のオールインワンを選ぶ際のポイントから、スキンケアのポイント、そしておすすめしたいオールインワンをランキング形式でご紹介します。
 

 

まずはおさらい!乾燥肌になるメカニズムとは

角質層の水分が低下すると肌の乾燥を感じるようになる

乾燥肌とは、肌の最も外側にある角質層の水分が減少した状態を言います。健康な肌の角質層には約20~30%の水分が含まれているのですが、この水分量が低下してしまうと肌の乾燥を感じるようになるのです。
 
つまり、潤った肌は、角質層の水分量をしっかりと維持できていると言えますね。

肌の潤いを保っているのは細胞間脂質・天然保湿因子・皮脂の3つ!

では、肌の水分量を維持しているのはどの様な物質なのでしょうか?それは、角質細胞間脂質と、天然保湿因子、そして皮脂の3つです。

角質細胞間脂質

角質細胞間脂質とは規則正しく並んだ角質細胞の隙間を埋めるように存在している物質で、角質細胞どうしをつなぎ合わせ、さらに水分を保持する役割を担っています。
 
角質細胞間脂質の保水力は非常に強く、湿度がどれだけ低下しても水分を挟んで逃がしません。しかし角質細胞間脂質が減少していくと、角質細胞をつなぐ力が弱まり肌の水分が逃げていき、肌が乾燥してしまいます

天然保湿因子(NMF)

天然保湿因子とは、アミノ酸や尿素、ピロリドンカルボン酸(PCA)、乳酸、糖などで構成されている、角質細胞内に存在する成分です。
 
天然保湿因子は水分を吸収する力と保湿性を併せ持っており、肌の潤いを保つのに欠かせない成分です。

皮脂

人間の肌の表面は皮脂膜によって覆われています。皮脂には角質細胞間脂質や天然保湿因子のように水分を保持する力はありませんが、水分の蒸散を防いで角質内の水分量を押し上げていると考えられています。

細胞間脂質の主成分セラミドは肌の水分の8割を維持している

肌の潤いには角質細胞間脂質が重要な働きをしていると言いましたが、その主役といえるのが角質細胞間脂質の主成分であるセラミドです。
 
肌の水分の維持におけるセラミドの役割は様々な実験で証明されています。角層からセラミドを取り除くと水分量が低下して皮膚が乾燥状態になり、そこへセラミドを塗ると肌の水分量が戻り皮膚の乾燥状態が改善しました。
 
また、セラミドによって肌の水分の80%が保持されているという報告もあり、セラミドが肌の水分維持に欠かせないということが良くわかります。

乾燥肌に良いオールインワンゲルをえらぶポイント

乾燥肌の状態や肌の潤いを保つ仕組みはご理解いただけたでしょうか?これらのことを踏まえて、乾燥肌ケアに良いオールインワンを選ぶためのポイントについて解説していきますね。

保水力の高い保湿成分を取り入れよう

まずはなんといっても保湿成分ですよね。肌内部の水分をしっかり挟み込んで逃がさない保水力の高いおすすめの成分をご紹介していきます。

ヒト型セラミド配合のものを選ぼう!

肌の水分保持に欠かせないとご紹介してきたセラミドは、一押しの保湿成分!肌の保湿はもちろん、バリア機能を整えてくれる効果も期待できます。
 
ただしセラミドの中でもヒト型セラミドと呼ばれるものを配合していることが重要です。
 
化粧品原料として使われるセラミドには、人の肌に存在しているセラミドと同じ構造をしているヒト型セラミドと、動植物由来のものや人工的に作られた非ヒト型セラミドの2種類があります。
 
ヒト型セラミドは数倍の保湿力があり、元々肌に存在していることから安心して使用できる成分ですので、こちらを選ばれることをおすすめします。
 
化粧品のパッケージなどに「セラミド配合!」などと書かれていても、それがヒト型セラミドであるかどうかは分かりません。
 
ヒト型セラミドの名前には、セラミド2やセラミド6Ⅱ、セラミドEOPなどセラミドの後ろに英数字が書かれていますので、必ず化粧品の全成分表示で確認しましょう。

その他のおすすめの保湿成分

その他におすすめしたい保湿成分としては、ヒアルロン酸やプロテオグリカン、プラセンタ、コラーゲン、エラスチン、アミノ酸、尿素、ピロリドンカルボン酸(PCA)などがあります。

エモリエント効果の高い成分で肌の潤いにフタをする

ご紹介した保湿成分に加えて、皮脂のように肌の潤いのフタをしてくれるスクワランやホホバ油、ワセリンなどのエモリエント成分も取り入れると、より効果的な保湿ケアを行うことができます。

ターンオーバーを促してセラミドの生成量をアップ!

セラミドはターンオーバーの間に作られる

肌の細胞は表皮と真皮の境目付近で生まれ、2週間ほどかけて徐々に外側へと移動していき、細胞が死んで角質細胞となります。その後角質細胞としてさらに2週間ほど肌の上にとどまり、最後は垢となって剥がれ落ちていきます。
 
この一連の流れをターンオーバーと呼ぶのですが、セラミドはこのターンオーバーが進む間に細胞の中で作られていきます。ターンオーバーの周期が正常であることは、肌の保湿にとっても重要なのです。
 
しかしターンオーバーの周期は年齢とともに遅くなっていき、20代では約28日だったものが40歳になる頃には40~50日、60代ではなんと100日もかかると言われています。
 
年齢を重ねた肌ほどターンオーバーの促進についてもしっかりとケアしておきたいですね。

ターンオーバー促進効果の高い成分はこちら

ターンオーバーを促してくれる美容成分としては、プラセンタや、ビタミンC、レチノール、EGF(上皮成長因子)などがあります。特にプラセンタには保湿効果もあるのでおすすめです♪

肌細胞の生まれ変わりに必要な栄養素もしっかり補給しよう

肌のターンオーバーを促すためには、肌細胞を生み出すための栄養素も欠かせません。
 
細胞の構成成分でもあるアミノ酸をはじめ、ビタミンやミネラルといった肌の新陳代謝に関わる栄養素もたっぷり配合したオールインワンであれば、より効果的にターンオーバーをサポートしてくれることが期待できます。

バリア機能が低下している乾燥肌は刺激の少ない成分でケア

乾燥した肌はバリア機能が低下して敏感な状態であると考えられますので、肌への刺激の少ないオールインワンがおすすめ。アルコールや不要な添加物などはできるだけ配合してないものを選ぶようにしましょう。

乾燥肌ケアにおすすめできるオールインワンランキング

  1. ユーグレナone オールインワンクリームST

     

    優秀な保湿成分とミドリムシの豊富な栄養素で潤いあふれる肌に

    • 値段:通常購入 4900円 初回限定1950円【67%オフ】
    • 送料無料|定期2回目以降4410円【10%オフ】|定期コース縛りなし

    プラセンタやヒアルロン酸、水溶性プロテオグリカン、スクワランといった優秀な保湿成分やエモリエント成分が肌を潤してくれます。
     
    さらにアミノ酸やビタミン、ミネラルなど59種類もの栄養素を含んだユーグレナエキスが肌の生まれ変わりを栄養面からサポートしてくれるなど、乾燥した肌に潤いを届けることを考え抜かれたオールインワンです。

    総評

    厳選された美容成分はもちろん、パラベン、鉱物油、合成香料、アルコールを含まない処方になっており、肌への刺激が少ない点も魅力です。
     
    また独自のナノ乳化技術によってエモリエント成分の配合比率を高め、ジェルのサラッとした使い心地と高い保湿力の両立を実現しています。

  2. メディプラスゲル

     

    乾燥によるバリア機能低下を感じる方へ 肌に優しいオールインワン

    • 値段:通常購入 3996円 初回限定2996円【1000円オフ】
    • 30日間返金保証付き|定期2回目以降3796円|定期コース縛りなし|1本で2ヶ月分

    メディプラスゲルは子供の頃から肌が弱く、スキンケア化粧品選びに苦労したと言う社長が開発した、肌への優しさを徹底的に考えて作られたオールインワン。
     
    バリア機能の低下している乾燥肌にもぴったりです。保水力のあるヒト型セラミド3種類に加えて、プラセンタやヒアルロン酸、アミノ酸、コラーゲンなど厳選された保湿成分をたっぷりと配合しています。

    総評

    保湿効果はもちろん、プラセンタとビタミンC誘導体によるターンオーバーの促進も期待できます。
     
    その他にも合計66種類の美容成分を美肌の湯で有名な出雲玉造温泉水のベースに配合しており、肌の美しさをトータルでサポートしてくれます。

  3. トリニティーライン ジェルクリームプレミアム

     

    乾燥性敏感肌でのテスト済!セラミドケアでバリア機能をサポート

    • 値段:通常購入 3800円 初回限定1900円【50%オフ】
    • 送料無料|定期2回目以降【10%オフ】|定期コース縛りなし

    乾燥の原因であるセラミドケアに重点を置き、ヒト型セラミドとセラミド類似成分からなるセラミドケア成分をこれまでの製品の55倍配合。
     
    その他にも4種類のヒアルロン酸やスクワランといった美容成分がセラミドともに乾燥した肌に潤いを与え、バリア機能をサポートしてくれます。
     
    さらに肌のハリを保つ独自成分も配合されているので、乾燥だけでなく年齢肌をケアしたいという方にもおすすめです。

    総評

    トリニティラインは健常者の方の肌でのパッチテスト、アレルギーテストに加えて敏感性乾燥肌の方の協力の下、パッチテストと連用試験も実施。独自の厳しい基準を設け、肌への優しさに配慮されたオールインワンです。

  4. パーフェクトワン モイスチャージェル

     

    50種類の保湿成分が潤いを届け年齢肌のトラブルも同時にケア♪

    • 値段:通常購入 3800円 初回限定1900円【50%オフ】 通常初回3500円
    • 送料無料|定期2回目以降【10%オフ】|定期6回縛り

    4種類のヒト型セラミドをはじめ、ヒアルロン酸や紫根エキス、イノシトールなど合計50種類もの保湿成分が配合されている、まさに保湿ケアのためのオールインワン。
     
    さらに大きさも働きも違う7種類のコラーゲンからなる複合型リフティングコラーゲンEXが、肌の潤いとハリを総合的にサポートしてくれます。

    総評

    パーフェクトワンは合成香料、合成着色料、パラベン無添加で肌への優しさも考えられているオールインワンです。
     
    また乾燥による小ジワを目立たなくさせる効能評価試験も実施済みですので、目元・口元の小ジワが気になり始めた方にもおすすめです。

  5. エミーノボーテ

     

    ヒアルロン酸より潤う!プロテオグリカンが乾燥肌をサポート

    • 値段:通常購入 4320円 初回限定1980円【54%オフ】
    • 送料無料|定期2回目以降【10%オフ】|定期コース縛りなし

    ヒアルロン酸よりも高い保湿力を持ち、乱れた肌のバリア機能を整えてくれる、話題の美容成分プロテオグリカンを配合。
     
    プロテオグリカンは年齢とともに減少していくコラーゲンやヒアルロン酸をサポートする作用もあり、肌の内側と外側からの乾燥肌ケアが期待できます。
     
    また、天然のエイジングケアクリームとも呼ばれるホホバ油を配合。与えた潤いを逃がさず、ふっくらハリのある肌へと導いてくれます。

    総評

    肌と似た構造のレシチンで成分をまるごと包み込むレシチン乳化によって、プロテオグリカンをはじめとした美容成分を角層の奥まで浸透させることに成功。
     
    大豆由来で肌にも優しい天然の乳化剤であるレシチンを使うことで、肌への優しさと成分の浸透力アップの両方を実現しました。

  6. バランシングゲル

     

    ヒト型セラミドなど厳選された保湿成分が乾燥肌を強力サポート

    • 値段:通常購入 5250円 定期コース初回限定3725円
    • 送料無料|定期2回目15%オフ 3回目20%オフ 4回目以降25%オフ】|定期コース縛りなし

    セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱの3種類のヒト型セラミドに加え、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンといった高い保湿力を持つ美容成分を豊富に配合しているオールインワンです。
     
    保湿成分の中でも、植物由来で天然のアミノ酸系の保湿剤であるペタインは、保湿効果だけでなく弾力性と柔軟性も与えてくれる点が魅力です。

    総評

    肌と同じラメラ構造のゲルにすることによって肌へのなじみを向上させ、さらにオールインワン化粧品によく見られるモロモロが出にくい処方となっています。またポンプタイプの容器で、衛生的に使用できるのも嬉しいですね。

  7. ユーグレナoneオールインワンクリームがおすすめの理由

    魅力的な保湿成分がたっぷり配合!

     
    ユーグレナoneオールインワンクリームには厳選された8つの保湿成分が独自のバランスで配合されており、乾燥肌や年齢肌をしっかりサポートできるよう配慮されています。
     

    • 酵母エキス 約350種類の酵母エキスから選び抜かれた独自成分で、優れた保湿力を持つ。
    • プラセンタエキス 保湿効果はもちろん、新陳代謝の促進効果も期待できる万能美容成分。
    • ヒアルロン酸Na 真皮に存在する成分で、1gで6Lもの水分を抱え込むことができる。
    • 水溶性コラーゲン 肌のハリを保つだけでなく保湿力も高いので保湿成分として良く使用されている。
    • 水溶性プロテオグリカン ヒアルロン酸よりも高い保湿力があることで話題の美容成分。
    • クロレラエキス ビタミンやアミノ酸を豊富に含み、保湿や肌細胞を活発にする効果が期待できる。
    • アルゲ(褐藻)エキス 保湿作用のある様々な海藻を原料として作られたエキス。
    • スクワラン エモリエント効果が高く、与えた肌の潤いを逃がさない働きをする。

    栄養素が詰まったユーグレナエキスで肌の新陳代謝をサポート

    ユーグレナエキスには肌細胞を作る上で欠かせない栄養素がたっぷり!

    ユーグレナoneの目玉成分であるユーグレナエキスには、ビタミンやアミノ酸、ミネラルといった栄養素が合計で59種類も含まれています。
     
    そしてこれらの成分は、肌細胞を生み出す上で欠かすことのできないものばかり。まさにお肌のサプリメントと言っても過言ではありませんよね。
     
    これらの豊富な栄養素が肌のターンオーバーをサポートしてくれることで、セラミド生成量のアップも期待できます。

    ナノカプセルに包まれた新鮮なユーグレナエキスがいつでも肌に

    肌の生まれ変わりをサポートするためには、ユーグレナエキスを角層の奥まできちんと届けてあげる必要がありますよね?
     
    ユーグレナoneは、ユーグレナエキスを抗酸化成分であるビタミンC、ビタミンEと一緒にナノカプセルに閉じ込めることで、いつでも新鮮な状態のユーグレナエキスを角層の隅々まで届けることに成功。
     
    より効果的に新陳代謝をサポートできるようになりました。

    独自のナノ乳化技術でジェルなのにしっかり潤う

    保湿効果の高いオールインワンは使用感が重くなりがちですが、ユーグレナoneはジェル処方のさっぱりとした使用感と高い保湿力を兼ね備えているのも魅力です。
     
    その秘密は先端技術を用いたナノ乳化技術。肌の水分の蒸発を防いでくれるエモリエント成分の配合率を従来のジェルタイプ処方よりも大幅に増加させることに成功しました。
     
    コクのある使用感が苦手な方や、インナードライでお悩みの方には特におすすめしたいオールインワンです。
     

    乾燥肌ケアで大切なこと

    乾燥肌におすすめのオールインワンランキング、いかがだったでしょうか?続いては乾燥肌対策として、スキンケアやスキンケアと合わせて気をつけておきたいポイントについて解説していきたいと思います。

    メイクの濃さに合わせた洗浄力のクレンジング剤を選ぼう

     
    メイクの汚れはきちんと落としておかなければ肌トラブルの元になりますから、クレンジングは欠かせないスキンケアです。
     
    しかし必要以上に洗浄力の強いクレンジング剤を使用すると、クレンジング剤に含まれている界面活性剤が、肌に残したい油分やセラミドまで取り除いてしまいます。
     
    下の表を参考に、使用しているベースメークに合った洗浄力のクレンジング剤を選ぶようにしましょう。
     

    クレンジング剤の種類 落とせるメイクアップ化粧品の目安
    ローションタイプ パウダーファンデーション
    ミネラルファンデーション
    乳液タイプ BBクリーム
    ジェルタイプ(水系) BBクリーム
    ジェルタイプ(油系) リキッドファンデーション
    クリームタイプ リキッドファンデーション
    オイルタイプ 油性のエマルジョンファンデーション
    ウォータープルーフの日焼け止め
    アイライナー
    マスカラ

    紫外線は肌の乾燥も引き起こす!

     
    紫外線の中でもUV-Bと言われる紫外線には、肌の水分を減少させる作用があります。日焼けした後に肌が乾燥したように感じるのはこのUV-Bによる影響なのです。
     
    UV-Bは散乱性が高く、曇りの日や日陰にいるときでもあらゆる方向から肌に届いてしまいます。
     
    真夏はもちろんですが季節や天気に関係なく、外出時には日焼け止めを塗る習慣をつけるようにしましょう。
     
    ちょっとした外出であれば、SPFは20程度で十分です。大切なのは使用量をきちんと守ること!適量を守らなければ、効果は半減してしまいますので注意しましょう。

    十分な睡眠はセラミドの生成をサポートしてくれる

     
    セラミドは肌のターンオーバーとともに作られていくとお話しましたが、ターンオーバーは睡眠中に行われていますので、十分な睡眠をとることは肌の乾燥を防ぐためにもとても大切です。
     
    中でも眠りについてから3時間の間の睡眠の質が良いほど、ターンオーバーもスムースに進むと言われています。
     
    人は体温が0.5度ほど低下することで眠りにつくのですが、この体温の下降が急速であるほど睡眠の質が良くなるそうです。
     
    布団に入る前から足先が冷えているという方は、足湯などで暖まった後に布団に入るとより睡眠の質を高めることができますので試してみてください。
     
    また、眠る前のカフェインやアルコール、喫煙は脳を覚醒させてしまいますので控えましょう。

    乾燥肌に良いのはリキッドよりもパウダーファンデ!

     
    乾燥肌の時ってファンデーションはクリームやリキッドタイプの方が肌の潤いが保てそうと思っていませんか?実はこれが大間違い。
     
    クリームやリキッドタイプのものは水分や油分と色をつける粉を配合しているため、界面活性剤や防腐剤など添加物が多く使い続けると肌の乾燥を進めてしまう可能性があるのです。
     
    乾燥肌のメイクにはパウダータイプのものを選ぶようにしましょう。肌が乾燥していてパウダーの付きが悪いという方は、少し油分を含んだしっとりタイプのパウダーを使うのもおすすめです。

    まとめ

    乾燥肌にはどんなオールインワンを使うにしても、まずたっぷりの量を使って肌全体をマッサージしてあげると、リンパの流れが良くなり新陳代謝が促されるので効果的です。
     
    潤いは健やかな肌の土台を作るために欠かせません。今日ご紹介したおすすめの成分やケア方法を参考に、ご自身にぴったりのオールインワンを探してみてください。
     

    参考文献
    ・素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典 吉木伸子著 発行所;(株)池田書店
    ・日本化粧品検定1級対策テキストコスメの教科書 小西さやか著 発行所;(株)主婦の友社
    ・日本化粧品検定2級3級対策テキストコスメの教科書 小西さやか著 発行所;(株)主婦の友社
    ・美容皮膚科学改訂2版 監修;日本美容皮膚科学会 発行所;南山堂